太陽光発電パネル用タブリード線工場としてヨーロッパの中央に位置するスロバキアに2007年に設立。リーマンショック後、ユーロ安及び生産効率化の確立によりコスト競争力UP、QCDを高め世界各地に向け販売を開始。

三鈴スロバキアの概要についてご紹介します。

社名
Misuzu Slovakia s.r.o
資本金
Euro 664,000.00 (当初換算1億円)
住所
Hlavna350 Castkovce 916 27, Slovak Republic
電話/FAX番号
(TEL)+421(32)779-4741
(FAX)+421(32)779-4743
敷地面積
500㎡
工場面積
1階部分…500㎡ / 2階部分…500㎡
設立
2007年7月17日
従業員
日本人駐在員1名 / ローカル従業員19名(2013年6月時点)

三鈴スロバキアの主要設備・品目・主な取引先についてご紹介します。

生産設備
圧延機
焼鈍機+鍍金装置+巻取機
引張試験機
投影機
印刷機

主要品目

太陽光発電パネル用タブリード線:
TACメッキ線 / TPBメッキ線 / インターコネクター / バスバー

主な取引先(敬称略)

大手日系モジュールメーカー2社

三鈴スロバキアより「品質理念&方針」のご紹介です。

取り組み・実績

三鈴スロバキアより「取り組み・実績」のご紹介です。

  • 2011年、スロバキアワインのアジア輸出を開始しました。
  • 2012年、首都Bratislavaオフィスに貿易部門を設立しました。
  • 2010年度より日スロ交流の一環として、インターンシップを開始し毎年実施しています。