2000年に保税区内に設立。主に日系企業様を中心に平角導体を販売してきました。 2008年には、Airbag用平角導体の生産を、ソーラーパネル用の厚メッキ平角線の生産も開始しております。近年では、営業部門を雅莱龍に移管し、国内ローカルメーカーへの販売にも力を入れています。

三鈴製線上海の概要についてご紹介します。

社名
三鈴製線(上海)有限公司(Misuzu Seisen (Shanghai) Ltd.)
資本金
56万USドル
住所
中国上海市浦东新区日京路161号
電話/FAX番号
(TEL)+86(0)21-5866-8700
(FAX)+86(0)21-5866-8980
工場面積
3,300㎡
設立
2000年
従業員
約50名

三鈴製線上海の主要設備・品目・主な取引先についてご紹介します。

生産設備 線径
一般 圧延機 0.035×0.2~0.100×0.800
2連 圧延機 0.035×0.9~0.035×2.0
SOLAR用
メッキ装置
0.200×1.300
0.230×6.000

主要品目

平角線:
FFC用錫メッキおよびニッケルメッキ平角軟銅線 / Airbag用平角軟銅線


SOLAR用導体:
ソーラーパネル用厚メッキ平角銅線

主な取引先(敬称略)

京セラ天津太陽能有限公司 / 住友電工(上海)電子線製品有限公司
上海日立電線有限公司 / CviLux(蘇州)有限公司
Foxconn(昆山)有限公司  他

三鈴製線上海より「工場の強み」のご紹介です。

取り組み・実績

三鈴製線上海より「取り組み・実績」のご紹介です。

  • お客様のご要望に応じた商品を提供しております。
  • お客様からの特性以外のご要望についても相談に乗り、親身になっての対応を心掛けています。
  • 工場内の照明を照明タイプに切り替え、照明電力の低減など、環境対応にも取組んでいます。
  • 社内レクレーション活動により、従業員の協力関係などの向上に勤めています。